meaning of

 

商標登録
第4890431号

【Mission】
プラスバイプラス(+×+)、つまり私たちと関わる全ての人々・企業にとってプラスとなる場を提供し、それぞれのプラスを足算でなく、さらに乗算して無限のHappy Togetherを目指そうという志に基づき、社会に大きく貢献します。



PLUSの"P" は、pleasure(喜び)であったりplenty(豊富)なのか、profit(利益)であったり peace(平和)なのかもしれません。
それらを提供するのに、WEB・IT・CADのキーワードや、新たなビジネスモデルをインキュベートする事によって、実現させていきます。


   
 
社名 
株式会社 プラスバイプラス
資本金 
10,000,000円
設立  2000年7月
代表取締役  室田茂樹
   
大阪本社 

〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー8F
TEL 06−4806−5075  FAX 06−4806−5025

東京支店  〒101-0032 東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル7F
TEL 03−5937−2744  FAX 03−5937−2748
福岡支店  〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-6-7 天神クリスタルビル9F
TEL 092−791−5577  FAX 092−791−5588
仙台支店  〒980-0014 宮城県仙台市青葉区国分町1-6-9 マニュライフプレイス仙台5F
TEL 022−212−6205  FAX 022−212−6209
愛媛支店 

〒790-0003 愛媛県松山市三番町4-4-6 松山センタービル2号館7F
TEL 089−915−0181  FAX 089−915−0266

名古屋支店

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-18-1 三晃丸の内ビル3F
TEL 052−950−3065  FAX 052−950−3033

    
事業内容 

私たちは、ソフトウェアと教育を通じて、「できるようになる」状態を提供いたします。

1.パッケージソフトの開発・販売・サポート
2.職業別生涯学習 通信教育事業
3.インターネットビジネスの企画・開発・運営


個人情報保護方針

株式会社プラスバイプラスは、事業活動において個人情報を保護することが、企業の責務であると認識し、以下の方針に基づき個人情報を適正に取得し、適切に管理いたします。

1.個人情報の適切な取り扱い
当社は個人情報保護の為の管理体制を確立するとともに、適切な方法で個人情報の収集、利用等をおこないます。

2.個人情報の正確性の確保
当社は個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、お客様ご本人の承諾なく個人情報を第三者へ提供いたしません。 ただし、商品の配送など弊社が外部業者へ業務委託する際に必要な最低限の情報につきましては、第三者提供にあたりません。

4.個人情報保護に関する継続的取り組み
当社は個人情報保護に関する取り組みを継続的に見直し、改善及び向上に努めます。

 

 


 

 

ご挨拶 

私どもプラスバイプラスは、2000年創業のまだまだ歴史の浅い会社ですが、私たち自身はCADソフト業界にたずさわって、もう20年になりました。

CADの歴史と歩んできた20年間ですが、その間に様々な気付きがありました。
例えば「業界の常識はお客様の非常識」
CAD業界の常識が、実はお客様にとって非常識なことばかりであったこと。

ソフト会社は他社との競争で、盛りだくさんの機能を持たせ「多機能・高性能が最善である」という開発方針で進んできました。
しかし過剰な多機能の大部分は、使う必要がなかったり、複雑すぎて使いづらかったりします。
お客様が求めていたのは全く逆で「いかにカンタンにパッパッっと描けるのか」、「パソコン音痴でも使えるのか」

自分に当てはめて考えてみれば当たり前のことですが、私にとって、昨今の携帯電話やデジタル家電の説明書を読むことは、拷問としか言いようがありません。
道具は、説明書なしで使えなければならないのです

それはCADソフトについても同じことが言えます。
お客様にとってCADは単なる道具です。
その様な経験から、plusCADの開発コンセプトは「初心者の方も、すぐ使える・楽しくなる」というシンプルで明確なものとなりました。

その他にも、CAD業界にとって色々な追加費用が後々発生するのは当然と考えられている所があり、その多くはメンテナンス費や、毎年、ちょっとした機能アップで新バージョンを発表し、有料バージョンアップを要望してきます。
必要なことや、欲しかった機能が追加されたのであれば、コストと比較して有意義なこともあるでしょう。 しかし私自身、予定していない追加費用を後からちょくちょく要望されるのがイヤですし、「それだったら買う前に説明してくれ!」と言いたくなります。

その他にも色々とありますが、一言でいうと「売る側は、自分の利益ばかりを考えていた」という悲しさです。

確かに企業である以上、自社の利益を考えないわけには行きません。
しかし、自分だけ良ければという考え方では、お客様が増えるたびに敵を増やしているようなものです。
それでは、たった一度の人生を逃げ隠れしてやり過ごさなければなりません

2000年。私たちは会社を設立するにあたって「会社の一貫したポリシー・姿勢」を決めることに時間をたっぷりかけました。
それは、プラス バイ プラス(+ × +)、つまり私たちと関わる全ての人々・企業にとってプラスとなる場を提供し、それぞれのプラスを足算でなく、さらに乗算して無限のHappy Togetherを目指そうという志に基づき、常に初心を忘れないよう、社名とロゴマークに集約させました。

また、新入社員も含め、全社員がプラスバイプラスの一貫したポリシーを共有し続けられるよう、3ヶ月に一度、全社員が集結し丸一日をかけて会社の考え方、ポリシーを共有するようにしています。

理想通りの会社になったのか? と言われれば、まだまだ、お客様から見た不満や、多くの改善すべき点があると思います。
しかし、ここ数年はお客様から他のお客様をご紹介頂くことがとても多くなってきましたので、少しずつ前進していることを肌で感じていますし、私たちプラスバイプラスの一貫したポリシーは間違っていないと確信しているところです。

私たちが現在取り組んでいるテーマは「フルモデルチェンジPXP」
現状にとどまらず、自ら次のステージに相応しい企業へ変化しようとしているところです。

 

 


 

(株)プラスバイプラス ┃info@plusxplus.com